2018-09-05

農業の生産性向上及び省力化のソリューションを提供するSenSproutへ出資しました

当社は、Spiral Ventures Japan Fund 1号投資事業有限責任組合を通じて、農業用の土壌水分センサー、灌水制御装置、ビニールハウスソリューションの開発および販売を行う株式会社SenSproutへ出資を行いました。また出資に伴い、立石美帆が社外取締役に就任しました。

SenSproutは、農業土壌用センサーをコア技術とし、農業の効率化・省力化事業を運営する東京大学発のベンチャーです。農作物によって様々な要素が絡む中でも、共通して重要な土壌水分量を中心に地表温度、養分量等をセンシングで取得可能です。センサー部分の印刷エレクトロニクス技術と自社開発故にリーズナブルな価格が強みで、儲かるデータ農業を実現します。

日本の農業従事者の高齢化が深刻な一方で、新規就農者や農業生産法人数は増加の一途をたどっており、省力化やデータ化の需要の高まりが存在しています。そのようなニーズに対し、SenSproutはセンシングで得た数値をもとに水やりをする灌水制御装置や、ファンを含めた環境制御型のスマートビニールハウスの開発及び販売を行います。

最先端のテクノロジーを利用し、農業を儲かる事業に変革していきたいと思います。

詳細はこちらをご参照ください。


本件に関するお問い合わせ先:

Spiral Ventures Japan LLP
TEL: 03-6452-8615
E-mail:contact.japan@spiral-ventures.com

News list