2018-01-29

Spiral Ventures Japan Fund 1号投資事業有限責任組合の募集を完了しました

当社は、Spiral Ventures Japan Fund 1号投資事業有限責任組合(以下「Spiral Ventures Japan Fund 1号」)の最終募集を締め切り、総額70億円にて組成を完了致しました。総額70億円のファンドサイズは、目標金額の60億円を上回り、また日本企業のみを投資対象とする独立系ベンチャーキャピタルが組成した1号ファンドとしては過去最大規模となります。

Spiral Ventures Japan Fund 1号の主な出資者は、アシックス・ベンチャーズ株式会社、セイノーホールディングス株式会社、株式会社T8、図書印刷株式会社、森トラスト株式会社(以上50音順)等の大手事業会社、国内証券会社や海外ヘッジファンド等の大手金融機関及び独立行政法人中小企業基盤整備機構です。

Spiral Ventures Japan Fund 1号は、X-Tech(ネットとリアルの融合)を重点テーマとして様々なカテゴリーのベンチャー企業への投資を行っております。投資領域としては、①テクノロジーを活用して、特定のセクターにおいて既存産業が抱える課題を解決し、付加価値向上を図る「業界変革型ビジネス」、②先端的なテクノロジーやビジネスモデルによって、セクター横断的に新たな産業を創出する「新産業創出型ビジネス」の2領域を対象としております。業界変革型ビジネスの投資事例としては、株式会社オープンロジ(物流業界)、エネチェンジ株式会社(エネルギー業界)、株式会社ビズリーチ(人材業界)等、新産業創出型ビジネスの投資事例としては、ナーブ株式会社(VR)、株式会社Z-Works(IoT)、株式会社フューチャースタンダード(AI)等が挙げられます。投資ステージとしては、アーリー、ミドルからレイターまでを対象とし、1件当たりの投資金額はアーリー・ミドルでは5,000万円~3億円、レイターでは~5億円を目安としています。これまでにアーリー・ミドルを中心に19件(合計約21億円)の投資を実行しております。

当社は、引き続きSpiral Ventures Japan Fund 1号の運営を通じて、日本のスタートアップエコシステムの発展に貢献してまいります。


本件に関するお問い合わせ先:

Spiral Ventures Japan LLP
TEL: 03-6452-8615
E-mail:contact.japan@spiral-ventures.com

News list